スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤村龍至参考資料(その3)

今朝ネット回線が繋がったのですが、設定がまだなので大学のPCで更新しております。
できれば今日でひととおりまとめたいけど・・・。

71年以前の建築家の、現代都市に対する考え方から藤村龍至の主張は見えてこないだろうか。

CASE1
山本理顕(地域社会圏)
・今の社会的システムに「欠陥」がある(1家族=1住戸、)
現在の都市計画は1920年頃の近代建築的な計画を踏襲している。(参考:輝く都市等
1家族=1住戸システムは20年代に提唱されたシステム
それ以前は1つの住戸に複数の家族が住んでいた。

標準化された住宅、標準化される家族。
住宅の商品化が進む
→・住み手のための住宅から売り手のための住宅に
 ・住宅システムの崩壊は国のシステムの崩壊だ

建築家としていかに、(不適切な)現在とは違った社会システムを提示できるか

というあたりが山本理顕の問題意識で
それを解決するための「地域社会圏システム」は
・100m四方で400人ぐらいの規模(多少ゆとりがある程度)
・場所は郊外でも漁村でもどこでもいい(あくまで単位が重要)
・コンビニ1つ置くのにちょうどいい規模
・(エネルギー)コストについても考えている
・地域社会で個々人がサポートしあう

等の特色があります。
この実現例(公団住宅だから妥協はしたが)として
・東雲キャナルコート1街区
また、戸建て住宅として
・ドラゴンリリーさんの家
が紹介されている。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほんちく!!

Author:ほんちく!!
関西の大学生やら大学院生やら建築系やら文系やら忙しい人やら暇人やらが参加している、建築関係の読書会です!
幼稚園児からお年寄りまで参加者募集中です!!
過去の読書会アーカイブ
hon-ticのアンテナ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
  近代建築の
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。