スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの人からみたル・コルビュジェその1 《黒川VS磯崎》篇

昨日の夜自分が書いたエントリを読み返してみた。
この戸惑いを言葉にすることに若干の躊躇はあるものの、この際だから正直に言ってしまおう。
俺は何がしたかったのだろうか。この文章を書いている間、俺の身体にモノノケか何かが取り憑いていたのか。
そんな自問を投げかけずにはいられないほどに、昨日俺が書いた文章は余りにも不可解極まりないものである。
というかホントに誰に向けた文章なんだこれは。
そもそも建築と関係ない。読書会の紹介を模しているが、実のところ読書会ともほとんど関係ない。ただのゴキゲンな嘘八百である。
これはいったいどうしたことだろう。
立ち上げ間もない前途有望な読書会のブログにこんな意味不明な文章を投稿するほどに、俺は生活に疲れてしまっているのだろうか……

……というわけで、今日はまっとうに建築の読書会的な投稿をします。
先日の読書会のまとめをつくるために前回参加してくださったソノダさんに連絡を取ったところ、軽く眩暈を起こすほど膨大な本の抜き書きを送って下さったので、その中からコルビュジェ関連の気になったところを抜き出しながら――コルビュジェについてはいろんな人がいろんなことを言ってるわけですが――あの人はどんなことを言ってるのか的なことをまとめていくと有意義かなと思ったので、何回かに分けてそれをこなしていきたいと思います。

■黒川紀章

日経アーキテクチュア編『建築家という生き方 27人が語る仕事とこだわり』(日経BP社・2003年)P.127
黒川紀章(コルビュジエの失敗について)

建築家を必要としない社会をつくってしまった…
50年代ごろになると自分たちがあれほど信頼した工業化社会というものが、建築家を置き去りにして先に行ってしまったわけです。理由は簡単です。工業化社会は同じものを量産するうえに成り立っています。非常に品質の高いものが大量に生産される社会では、建築家は必要とされないのです。それがはっきりと見えてきたのが50年代後半だったと思います。


この認識は割とわかる気がします。50年代というのが具体的に何の登場を指しているのかわからないのと、あとなぜコルビュジェがそういう社会をつくってしまったことになるのかはイマイチわかりませんが。
黒川は1988年の雑誌ユリイカ「総特集 ル・コルビュジエ」に「反面教師・ル・コルビュジエ」という短い文章を書いていて、そこで近代主義の本質を

1 形而上学(メタフィジックス)重視
2 ロゴス中心主義
3 西欧中心主義


と定義し、コルビュジェがその理想を体現していた建築家だったと言っています。

形而上学は単なるロゴスへの確信としてではなく、現実を説明しつくそうとする知の体系として完成される。(…)形而上学、ロゴス中心主義の完成こそ、西欧における近代主義の目標であったといってよい。
近代化とは、このような西欧社会の目標に近づくことであり、非西欧社会においては、近代化は、西欧化と同義語であった。
(…)パルテノンは、基本的に機能的な対象の最高の例であり、人間に内在する軸線と合致している普遍的な調和からつくりあげられており、宇宙の軸線とも合致し、幾何学や数学的比率や究極の真理に、純粋に基づいているというのである。
また、彼は「明日の都市」の中で、次のように述べている。「この近代的感情は、幾何学の精神であり、構成と総合の精神である。正確と秩序がその主要な条件である。……情熱から生まれる個人主義の代りに、われわれは平凡なものや共通したものを好み、例外よりも規則の方を好む……われわれは普遍的な美に惹かれ、そして英雄的な美は単に劇場的なものに見える。」(…)その強い造形力によって押し隠されている彼の精神、形而上学は、まさにロゴス中心主義そのものであり、西欧の近代主義そのものである。


しかし、

ロゴス、知性によって秩序づけられる世界、神に代って、世界を支配する知性の世界が、西欧中心主義の世界でもあったために、近代主義の影響力は急速に衰えていった。西欧の言語に基づくエスペラント語に対する期待が下落したのもその頃であった。
今、われわれの立っている地点は、神に代る知性の支配を信じていないところにいる。唯一の普遍的な美という現前の理想型を信じていないという点にある。そして、西欧中心の世界は、レヴィ-ストロースの構造主義によってとっくに相対化されていることを知っている。
(…)今、われわれは、神に代るロゴス(知性)の世界が、容易に感性(身体)によって変形さる得ることを知っている。宇宙の軸と同調する普遍的な唯一の美よりも、個々の持つ多様な軸の交差、差異、そしてそのずれを重視している。


だから、今こそコルビュジェを反面教師にしないといけない。

要するに、わかりやすく近代に批判的な、典型的なポストモダニストというか、「コルビュジェ=近代主義」をまったく疑っていない、もしくはその二つの間のズレにフォーカスを合わせていないのが黒川さんという感じでしょうか。もちろん、この雑誌の出版年が20年以上前であることは考慮に入れるべきだと思いますが。

■磯崎新

磯崎新『建築家のおくりもの』(王国社・2000年)P.165
ル・コルビュジエは、アクロポリスがあまりに美しいから、それに反逆して、「機械としての住宅」を唱えはじめたのだ、と私は解釈した。愛憎がからみ合って、未知の世界へと翔ばねばならない。このパラドクスひとつで若い私には充分だった。


前後の文脈がわからないので何とも言えませんが、1文目を字義通り受けとれば、コルビュジェは「アクロポリスがあまりに美しいから」「反発するようにあえて」機械としての住宅を唱え始めたツンデレという解釈で良いのでしょうか。ちょっとよくわかりませんが気になりました。

自分の認識では、コルビュジェはアクロポリス(パルテノン)=機械としての住宅=普遍的な美を結構ベタに信じていたのではないかと思っています。コルビュジェの文章を読むかぎりでは、彼の普遍的な美の存在への信頼が半ば宗教がかっているように見えて、どこまで本気かわかりにくい。そこが私たちのコルビュジェのわかりにくさの核なのだと思いますが、この発言がその是非についてどのような立場に立っているのかもよくわかりません。

磯崎もまた、先程のユリイカ「総特集 ル・コルビュジエ」に「海のエロス」という文章を書いています。正確には、71年に書かれた文章の再録だそうです。これもまたすごく晦渋でインテリな文章で何が書かれているのかはっきり言ってよくわからないのですが、論旨としては、

1.コルビュジェの初期の建築は、「パルテノン=機械」に象徴される古典的な比例(プラトン的らしい)に、透明で明晰な質感を加え、より究極の純粋形態に到達することを試みていた。
2.しかしある時期から変貌が始まる。たとえばスイス学生会館(1930-1932)の階段棟の乱石積みの表皮は、ざらざらして不定形で、抽象的な純粋性にまったく背反している。いわば不透明な物質性に近づき始める。その後、石や木材といった目に見えて反工業的な素材を乱用し始める。
3.その回心の契機はコルビュジェが一方で描いていた絵画に登場し始めた肉体への意識にあったのではないか。肉体=性的なもの=海。
4.だからコルビュジェは海辺で死体となって発見されたのだ! な、なんだってー(ry


という感じで間違ってないと思います。たぶん。

88年の黒川とは対照的に、71年の段階で磯崎がコルビュジェの近代主義から零れ落ちる部分に明らかに注目していることは面白い。もちろん、短い文章だけで単純に比較することはできませんが、黒川紀章が図式的で抽象的な話をしているのに対して、磯崎新が晦渋な語り口で素材について触れていることは重要な気が。

磯崎さんはコルビュジェについての本も出してますね。これも読みたい。
磯崎新『ル・コルビュジエとはだれか』

朝から疲れたのでこれで終わり。
次回は丹下健三、八束はじめ、鈴木了二の三本でお送りします(気が向いたら)。

あとプロフィール欄の画像もつくりました。明らかに俺はこのブログで遊びすぎである。

(アサノ)
スポンサーサイト

お便りの紹介

皆さまごきげんよう。

ようやく次回読書会の日程と課題図書が決まりましたね。
前回から引き続きル・コルビュジェの『輝く都市』ですが、「実質一週間であんなウザそうな本を読んでくるなんてチョーありえないんだけどー」という声が大きいかと思います。というかそれは俺の声です。
そんな時こそ、グーグルの検索技術を駆使して本の概要をあらかじめカンニングしてしまいましょう。
最寄りの検索エンジンで「輝く都市」とか「輝く都市 まとめ」とか「輝く都市 概要」で検索して出てくるレビューを読んでなんとなくわかった気になれば、実際に本を読まなくても今日から『輝く都市』について一家言持つことができるはずです。

さて、先日のブログ開設以来、一部では一日600万アクセスを越えるのではないかと囁かれるほどの勢いで皆さまのご反響を戴きましたので、今回は頂いたお便りの中から、ホンチクについてより理解を深めてもらえそうなものを中心にご紹介したいと思います。

結局のところ、「ホンチク」というのは何なんですか?
新手の詐欺か宗教ですか? 
私は毎週朝日新聞の投書欄に投書しているのですが、これからはここにおたよりさせてもらおうと思います。
そろそろ夕食の準備をしないといけません。それではまた。(山形県・40代・主婦)


ホンチクは、関西圏の学生有志による、建築関連の本をみんなで読んじゃおうという読書会企画です。
現在、キュートでポップなイマドキ建築女子大生やクールでお茶目なイマドキ草食系男子たちが参加しています。
活動内容は、月に1、2回集まって、あらかじめ決めておいた建築関連の課題図書について話しあうというものです。
山形にお住まいの皆さんまではまだ伝わっていないでしょうが、関西の建築業界では「建築界に激震が走った」「次代の建築を担うのは彼らだ」「10年後のプリツカー賞は既に彼らに用意されている」などと取り沙汰されています。
ですので関西の建築学科の皆さんはこぞってご参加ください。

僕は建築学科に所属している20歳です。
将来の夢は、安藤忠雄のような世界的な建築家になることです。
一年間の浪人期間を経て昨年の春、故郷の岩手を離れ関西の某私大に入学したのですが、右も左もわからないまま何となく一年が過ぎてしまいました。
おまけに、気になるあの娘に惹かれて入ったテニスサークルが新興宗教の巣窟で……。
こんなイケてないキャンパスライフを送っている僕でも、関西で一、二を争うほどイケてると名高いホンチクに参加して大丈夫でしょうか?(兵庫県・20代・学生)


大丈夫です。むしろあなたのような人こそ、ホンチクは待ち望んでいます。
なぜなら、(個人的に)できればもっと建築学科の人々に参加してもらいたいと考えているからです。
参加者の方々からは、授業の課題がスラスラこなせるようになった、建築の見方がわかるようになった、学科で一目置かれるようになった、「○○って超イケてるよなー」と言われるようになった、ある日道で大金を拾った、血糖値が下がった、ホンチクに参加した帰りに憧れの先輩に告白された、などの声を多数頂いております。
今のところ8000人を越える参加希望者の方(そのうち八割は建築系の学生)にお待ち頂いておりますので、あなたもお早めにお問い合わせください。

初めまして。
このツイッターを孫から教えられてお便り差し上げました。
あなた方の活動を知って、正直目の覚める思いが致しました。
私も学生の頃は、何とか周りの学友に負けない教養を身につけようと、古今東西の書を読み耽ったものです。
しかし新聞やNHKのニュースによれば、昨今の若者は活字離れが進み、やれ漫画だのやれケータイ小説だのと腑抜けたものばかり読んでいると聞き及んでおります。
そんな中、(恥ずかしながら私にはよくわかりませんが)難しい建築書をお読みになるというあなた方のような若者もいるのだと知り、やはり昔ながらの教養は生き永らえているのだなと感動致しました。陰ながら応援させて頂きます。
来年大学に入学する孫にも、ホンチクの皆さんを見習って本を読むのだぞとよくよく言い聞かせておきます。また、趣味のゲートボール仲間にも、「今度の親睦旅行で一緒にホンチクに参加せんか」と勧誘しておきましょう。
これまで毎週朝日新聞の投書欄に投書していたのですが、今後は時々こちらに時事問題などに対する年寄りの雑感など寄せさせて頂きます。
それでは、失礼致します。(熊本県・70代男性)


ありがとうございます。ホンチクでは老若男女を問わず皆さまのご参加をお待ちしております。
このように、建築の読書会に参加することは世間のあなたへの評価を大きく変化させます。何気ない会話のなかで「俺/私、最近建築の読書会に参加してるんだけどさ……」とさりげなくアピールするだけでも、相手に「こいつはちょっと違うな」「こいつはできるな」と思わせることが可能なのです。
ですので関西の(特に建築学科の)皆さんは、こぞってホンチクに参加しましょう。
あと、ここはブログであってTwitterではありません。

はじめまして!
ぁたしは関西の某女子校に通う普通の女子高生です。
最近なやんでます!!!
来年はいよいよ受験生なんですけど、このまま高校生活が終わっちゃうと思うと、なんかぶるぅなかんじ。。。
ずっと一緒にあそんでた幼なじみも、カレシができて最近つれないし。。。
ホンチクさんはケンチクの読書会なんですね!
ぁたしもできたら参加したいなーと思うんですけど、ケンチクなんかゼンゼンわからない><
(こるびゅじぇ?って誰???ワラ)
というかなんかむずかしそう><
こんなぁたしでもホンチクに参加していいですか!??(奈良県・10代・女子高生)


もちろん大歓迎です!
建築の読書会というと何やら小難しそうな響きですが、実際はそれほど難しいことが要求されるわけではありません。
必要なのは自分の意見をおそれずに言えること、これだけです。
なお、現在ホンチクでは、建築読書会という堅苦しそうなイメージを払拭するため、水面下でイメージキャラクター「ホンチクちゃん」(ちくわが大好物。語尾に「~ちく」と付けてしゃべる。「もうハンペンは食べられないちく~」とか)の制作を検討中です。続報をお待ちください。

ほらいんさんは「すべてはけんちくである」といっています
もしかしてパパもママも おにいちゃんもいもうとも ひょっとしてわたしも ほんとうはみんなけんちくなのでしょうか
もしもだいすきなパパやママがほんとうはけんちくだったら・・・とかんがえると きになってよるもねむれません
ほんちくさん ほらいんさんのいうとおり やっぱりすべてはけんちくなのでしょうか?(あいちけん よんさい ようちえんじ)


もちろん、パパもママも、あなたの目にみえるものはみんな建築なのですよ。
さあ、ほらいんさんのことをよく知るために、あなたもホンチクに参加しましょう!

(アサノ)

TOP画像をつくってみた

完全なる自己満足で(というか現実逃避で)2、3時間かけてTOP画像っぽいのを作ってみた(パソコンからしか見えません)。
むしろ見にくくなっただけという説もある。FC2ブログのテンプレのヘッダ?の部分(本で読む建築~の部分)をどかして何とかいじることができればそれなりにすっきりしそうなのだが、HTMLだのスタイルシートだのではっきり言って何を言ってるのかわからない。

何回か新鮮な気持ちで見直してみて見にくかったらやめます。(アサノ)

3月4日読書会

次回の読書会は3月4日です。

課題図書は
輝く都市(ル・コルビュジェ著)
輝く都市 (SD選書 33)輝く都市 (SD選書 33)
(1968/12)
ル・コルビュジェ

商品詳細を見る

時間、場所は
12時からJR甲子園口駅近くの喫茶店リトモの予定。

前回は分からない事が多すぎましたが、少しずつ積み重ねていきたいと思っています。

本とは別に読書方法、課題図書の選択、会の在り方等も検討すべし。

何かあればべっしーまでどうぞ。

読書会をめざして・その1 書を捨てよ、まずググろう

読書会に臨む上で、ネット環境の整ってる人はネットを活用しましょう。整ってない人は携帯のiモードなりEZwebでもいいです(でもできるだけ大学やネットカフェで検索してみて下さい)。
とりあえず課題図書がル・コルビュジェの『建築をめざして』なら、最低でもWikipediaの「ル・コルビュジェ」とそれに関連しそうなページは読み込んでくるべきです。

というわけで、この前何かの拍子に、せっかくあるんだから読書会にグーグルの力をもっと召喚しようよと思ったので、僕のオススメのグーグル活用読書術を紹介します。

STEP1.課題図書が決まる。
 例:ル・コルビュジェ『建築をめざして』
   ↓
STEP2.ググる(検索する)。
この段階でコルビュジェの人物像や経歴、作品、『建築をめざして』の概要について漠然としたイメージをつかんでおきましょう。ネット上には『建築をめざして』についての文章はごまんと転がっているはずです。ぶっちゃけ、先に『建築をめざして』の概要を調べておいて、本の内容をある程度理解してから読むというのもひとつの手でしょう。
   ↓
STEP3.とりあえず課題図書をパラパラ読んでみる。
 いきなり読んでもだいたいわかりません。実際僕は『建築をめざして』を読み始めたとき半分キレ気味でした。それはそこに書かれてある内容がどのような文脈に置かれているかわからなくてイライラするからです。たぶん今現在読書会に参加しているメンバーは読み始める段階では全員この状態だと言っていいと思います。言い換えれば読書会は、課題図書がどのような文脈に置かれているのかを、みんなの力を結集して探るために行われるのです。パラパラ読む間に、気になったところに付箋をつけたり、ちょっとでもメモをとっておくとのちのち助かるでしょう。特に、自分なりのキーワードを見つけることが大切です。
   ↓
STEP4.もう一回ググる(検索する)。
 なぜキーワードが大切かというと、そのキーワードで新しい検索ができるからです。課題図書をパラパラ読んでキーワードを見つけたら、「住宅は機械である コルビュジェ」とか、「平面 面 立体 コルビュジェ」とか「工学技師 コルビュジェ」とかいろいろググってみましょう。そこから良さげなページがまた見つけられるでしょう。
   ↓
STEP5.関連本を読む。
 課題図書、たとえば『建築をめざして』よりそれに関連する本や雑誌を読むほうが遥かに理解が深まるということはあり得ます。というよりそっちの可能性の方が高いです。とりあえずamazonで「コルビュジェ」で検索して良さげな本を探しましょう。だいたい既に読んだ人のレビューとかが付いてるはずです。それを基準に評価して自分に合いそうな本を図書館で借りましょう。というか個人的な意見としては、こっちを熟読して、課題図書は適当に読むだけでいいと思います。その場合、課題図書の内容は読書会でみんなに聞きましょう。
   ↓
STEP6.興味のあるテーマを見つける。
 読書会では何か自分なりの切り口を提示できることがベターです。とはいえ、理路整然と説明できたり、丹念に資料を読み込んで仮説を検証したりする必要はありません。何かひとつでも、「○○は××じゃないのか?」「△△は□□かもしれない」「■■はなぜ◇◇なんだろう?」といった、課題図書や課題図書に関連する人物・建築への興味・執着を見つけて、読書会に持ち込んでくれるだけで、その場は格段に面白くなるでしょう。


ここでは割愛していますが、STEP5、6の間ももちろんググります(というかSTEPの順番は便宜上のもので、別に5から始めたっていいわけです)。とにかくググります。ひたすらググります。本を読んでるひまがあったらググりましょう。「書を捨てよ、検索しよう」というのが僕の提案です。

要点としては、この間、

■常にキーワードを探す
■常にググる(検索する)
■一冊でいいからひとつの本を通して読んでくる(課題図書じゃなくても)


という感じでしょうか。

その結果として読書会に、何かひとつでも、「これはなぜ?」「これはこういうことなのかな?」といった「?(クエスチョン・マーク)」を持ち込めるようになる。参加者各々、最低限それが出来ていれば、きっと意義のある読書会になると思います。異論は認める。

 ◇  ◇  ◇  ◇

もう少し具体的な方法を紹介しておきます。

たとえば、休刊した『10+1』という建築系雑誌の過去の文章が収録されたデータベースがネット上にあります(たぶんパソコンからでないと見れません)。

http://tenplusone-db.inax.co.jp/

見てもらえばわかりますが、「ル・コルビュジェ」だったり「建築をめざして」だったり「サヴォア邸」や「アルゴリズム」「グローバリゼーション」や「建築写真」という風に、建築家や建築書、建築作品や建築に関するキーワードが並べられていますね。
で、このキーワードをクリックするとそのキーワードが登場する文章がズラッと出てくるわけです。中には読めないのもありますが、とりあえず結構出てくる。
なかなか難しいので敷居が高そうだし、実際よくわからないのもありますが、課題図書がコルビュジェなら「ル・コルビュジェ」をクリックして、出てくる文章をわからなくても断片的に流し読みして、気になるワードを見つけましょう。
そのワードをグーグルで検索して調べれば、ほぼ確実に(その言葉に関しては)よりわかりやすい文章が出てくると思います。
こんな風に、よくわからない言葉に何度も触れるうちに、徐々になんとなくわかったような気分になっていく過程は、楽しいです。
というより、このデータベースのサイトの、よくわからん言葉が目の前にバーッと並べられてる感じ自体がかなり爽快で、見ているだけで結構楽しいと思うんです。(どうでしょう?)

読書会に参加するなかで、そんな楽しさに共感してもらえたら結構嬉しいです、僕は。
そういうことを考えながらこの誰が読むのかわからない文章を書いてました。
マジでお願いしますよ皆さん。

(アサノ)
プロフィール

ほんちく!!

Author:ほんちく!!
関西の大学生やら大学院生やら建築系やら文系やら忙しい人やら暇人やらが参加している、建築関係の読書会です!
幼稚園児からお年寄りまで参加者募集中です!!
過去の読書会アーカイブ
hon-ticのアンテナ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
記事一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
  近代建築の
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。